* 累計アクセス数 92432 * ユーザー登録者数 197

検定別過去問

第147回

難易度:難しい 評価:
《問題》
 問1は仕訳を問う問題でした。(1)は移動平均法の計算を正しくできたかどうかが鍵となります。記帳方法が売上原価対立法であることを忘れないように注意しましょう。(2)は複雑そうですが、関西支店の決算整理は「売上原価の算定」、「貸倒引当金の計上」、「減価償却費の計上」、「費用の見越繰延」と少なく、計算も単純なため、きちんと損益勘定を作成すれば、確実に正答できたと思います。
 問2は在外支店の換算について問う問題でした。在外支店の財務諸表項目の換算は、原則として本店と同様に処理することとされていますが、例外としてすべての財務諸表項目について決算時の為替相場によることが認められています。本問の場合はこの例外処理の採用であり、また「この項目についてはこの為替相場を使用する」ときちんと指示がされているので、その指示通りに行っていただければ比較的簡単に解答できたと思います。ⅬA支店負担の商品輸送費は仕入れに伴う付随費用となるため、営業費として計上しないように注意してください。
 問3は決算整理後合併残高試算表を問う問題でしたが、個々の決算整理については基本的な論点であるため、落ち着いて解いていただければよかったと思います。

《ボーダー》
 問1:4点
 問2:2点以上
 問3:9点以上
 合計:15点以上


《全体的なアドバイス》
 決算整理はそれほど難しくないですが、支店が複数だったため、限られた時間内で解くのは容易ではなかったと思います。試験予想に惑わされず、何が出題されても自分はできるという自信を持って試験に挑むことが大切です。学習を行っていく上でわからない論点に当たるととりあえずの暗記に走りがちですが、それでも考え抜いて自分なりの答えを出すほうが遠回りにみえて実は合格の近道になると思います。
<この問題に関連するキーワード>
一般商品売買 金銭債権債務 有形固定資産 本支店会計 在外支店
ダウンロード数
この問題を評価する
評価するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]
表示件数
この問題に関連する投稿の一覧
更新日時 投稿タイトル いいね! 詳細
この問題について質問する
質問するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]

コメント(0件)

表示件数
コメントするにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]