* 累計アクセス数 50837 * ユーザー登録者数 160

検定別過去問

第147回

難易度:普通 評価:
《問題》
 ロット別個別原価計算に品質原価計算を絡めた出題でした。内容としては平易であり、解きやすい問題だと思われます。
問1のポイントとして、材料は第1工程始点で全量投入されるため、第2工程で発生した補修費に直接材料費はかかりません。誤って含めてしまうと連鎖的に失点してしまうため、注意が必要です。
 問2、3は、品質原価計算の基本的な考え方やPAF法における分類を問われています。
3つの原価が製造・販売過程のどのタイミングで発生するものかの理解が必要です。


《ボーダー》
 合 計:18点以上


《全体的なアドバイス》
 近年の出題傾向として、戦略的原価計算を絡めた問題が多くなっています。伝統的原価計算も同じですが、より理論的な内容が多く、登場した背景、各論点との繋がりを理解する必要があります。用語の暗記、計算のパターン学習では限界がありますし、出題形式や違う言い回しをされるだけで対応できなくなります。点と点の学習ではなく、それらを線と線で結ぶような繋がりを意識した学習を心がけてください。
<この問題に関連するキーワード>
費目別計算 個別原価計算 品質原価計算
ダウンロード数
この問題を評価する
評価するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]
表示件数
この問題に関連する投稿の一覧
更新日時 投稿タイトル いいね! 詳細
この問題について質問する
質問するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]

コメント(0件)

表示件数
コメントするにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]