* 累計アクセス数 638888 * ユーザー登録者数 2249

検定別過去問

第156回

難易度:難しい 評価:
《第1問》
仕訳問題です。仕入割戻は、問題文の読み取りが難しく、間違えた人も多かったと思います。その他の問題は、難しくはなかったので、ミスをしないことが重要でした。

《第2問》
有価証券に関する問題です。資料が多く、読み取りから解答まで非常に時間のかかる問題です。仕訳を銘柄ごとに行い、資料を整理しながら解く必要がありました。1つひとつの処理に難しいものはありませんでしたが、非常に解きづらかったと思います。

《第3問》
連結貸借対照表の作成です。残高試算表から連結財務諸表を作成するため、当期純利益を利益剰余金に含める必要がありました。また、2級では初めて連結上の退職給付に関する問題も出題されました。簿記の基礎から連結に繋がる、頭を使う問題だったと思います。ですが、決算整理事項や連結修正仕訳は簡単だったため、基礎的な知識で点数を獲得できます。


《全体的な講評》
全体的に難しい問題でした。どれも、文章や資料の読み取りが非常に重要だったため、集中力が必要だったと思います。受験生が苦手とする税効果会計、連結は徐々に難易度が上がっています。ただ計算をするのではなく、問題を読み取り考える力を身に付けることで今後に繋がると思います。
<この問題に関連するキーワード>
ダウンロード数
この問題を評価する
評価するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]
表示件数
この問題に関連する投稿の一覧
更新日時 投稿タイトル いいね! 詳細
この問題について質問する
質問するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]

コメント(0件)

表示件数
コメントするにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]