* 累計アクセス数 854820 * ユーザー登録者数 3753

検定別過去問

第157回

難易度:普通 評価:
《問題》
直接標準原価計算制度を前提に、営業利益の計算や差異分析等を行う問題でした。本問における直接工の支払賃金は、CVP分析を行う際は固定費、原価管理(差異分析)を行う際は変動費とみなして取り扱う必要があります。そのため、損益計算を行うときと、差異分析を行うときで直接工賃金の取り扱いが異なるので、注意が必要です。


《全体的なアドバイス》
工業簿記・原価計算は、個々の計算に重点を置きがちですが、その計算や分析を行う目的も、しっかり目を向ける必要があります。日頃から、「この計算は何のために行うのか」を意識することで、思考の幅が広がり、横断的に学習することができます。
<この問題に関連するキーワード>
ダウンロード数
この問題を評価する
評価するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]
表示件数
この問題に関連する投稿の一覧
更新日時 投稿タイトル いいね! 詳細
この問題について質問する
質問するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]

コメント(0件)

表示件数
コメントするにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]