* 累計アクセス数 1268953 * ユーザー登録者数 6745

検定別過去問

第159回

難易度:易しい 評価:
《第1問》
原価計算基準から実際原価計算制度に関する文章を抜粋した問題でした。問2の選択的事項は意思決定会計の内容について問うているため、問題用紙にあるすべての選択肢が当てはまります。

《第2問》
歩留・配合差異を分析する問題でした。今までは工業簿記で出題されていたため、原価計算で出題され驚いた受験生も少なくないかと思います。しかし、基本的な内容なので、是非とも完答したいところです。
問題文に、減損の発生点が記載されていませんでしたが、仕掛品が存在しないことから恐らく終点で発生したと読み取り、解答する必要があると思われます。

《第3問》
事業部制を前提とした意思決定に関する問題でした。問題の前提が直接原価計算であるため、変動費は製品原価として、固定費は期間原価として原価計算を行う点に注意する必要があります。また、本問の意思決定において固定費は増加しないため、特殊原価概念における埋没原価として取り扱います。

《全体的なアドバイス》
全体的に難しい論点はなく、確実に点を取りたい問題でした。
第1問や第3問は、一つの単元に他の単元(内容)を絡ませたような出題がされたという印象を感じました。日頃の学習において、一つ一つの単元を理解するだけでなく、他の単元との結び付きを意識しながら横断的に学習することを心掛けてみてください。
<この問題に関連するキーワード>
ダウンロード数
この問題を評価する
評価するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]
表示件数
この問題に関連する投稿の一覧
更新日時 投稿タイトル いいね! 詳細
この問題について質問する
質問するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]

コメント(0件)

表示件数
コメントするにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]