* 累計アクセス数 1995986 * ユーザー登録者数 11078

検定別過去問

第161回

難易度:普通 評価:
《問題》
基本的な総合問題でした。最近は、損益計算書または貸借対照表のいずれかを問うことが多かったのですが、貸借対照表と損益計算書を両方作成させる問題でした。
内容として目新しいものに、「収益認識の会計基準」から「カスタマー・ロイヤルティ・プログラム」と「代理人取引」の2点が出題されました。いずれも同基準・適用指針の内容です。ほかにも、「商品券、返品権付販売、重要な金融要素の区分」などの論点が未出題ですので、今後も対策を怠らないようにしましょう。
そのほかは基本的な内容で、20点前後の高得点が望まれる問題でした。

《全体的なアドバイス》
近年の総合問題は基本的な内容が多い傾向にありますが、非常に出題される論点が広いため、ヤマを張った学習では合格点に届きません。ひとつひとつの論点の基本的な部分を、時間をかけて、正確に丁寧に押さえていきましょう。
<この問題に関連するキーワード>
ダウンロード数
この問題を評価する
評価するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]
表示件数
この問題に関連する投稿の一覧
更新日時 投稿タイトル いいね! 詳細
2022/10/04 7:10 解説に対する質問 0 詳細
この問題について質問する
質問するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]

コメント(0件)

表示件数
コメントするにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]