* 累計アクセス数 1995827 * ユーザー登録者数 11078

検定別過去問

第161回

難易度:普通 評価:
《問題》
複数の部品を用いて製品を製造する標準原価計算に関する出題でした。計算量が非常に多い問題でしたが、自製部品及び製品の製造工程をきちんと把握し、各標準原価カードを作成すれば、大半は解けたのではないかと思います。解答に際し、部品製造部門における標準消費量の計算は、製品製造部門における自製部品の実際消費量を用いて算定することと、自製部品Bの実際消費量の中に自製部品Cの実際消費量も隠れていることに留意していください。

《全体的なアドバイス》
標準原価計算は、標準原価の算定や原価差異の分析等ボリュームが多く、かつ複雑な論点であるため、パターンでおさえがちです。しかし、標準消費量の算定や原価差異を分析する目的をきちんと理解すれば、よりコンパクトにおさえられるのではないかと思います。今回出題された標準原価計算に限らず、様々な会計処理に対して「なぜ?」、「何のために?」を考えるといった目的思考の下で学習することをおすすめします。
<この問題に関連するキーワード>
ダウンロード数
この問題を評価する
評価するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]
表示件数
この問題に関連する投稿の一覧
更新日時 投稿タイトル いいね! 詳細
この問題について質問する
質問するにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]

コメント(0件)

表示件数
コメントするにはログインが必要です。 [会員登録はこちら] [ログインはこちら]